【ボドゲ】7 Wonders をやってみた

   2016/10/22

こんにちわ、絶賛カルドセプトリボルトにハマっている こうだか です。今回は今静かなブーム?が来ているボードゲームの記事を書こうかと思います。

スポンサードリンク

7 Wonders(世界の七不思議)って何?

概要

7つの文明の中から一つをランダムに選択し、文明を育てて得点を得ていくボードゲーム。他のプレイヤーの邪魔をする要素は少なく、いかに自分の文明に合った戦略で得点を稼ぐかを考える。そのため、プレイ中に特定の誰かに集中攻撃をするようなことはできないので険悪なムードになったりすることはないと思う。

  • プレイ人数:3−7人
  • プレイ時間:30分〜1時間
  • 難易度:普通

プレイ開始

ルールブックをあまり読み込まずになんとなーく6人でプレイ。自分を含めて全員が初プレイだったので1ターンが長い。

「何このマーク?」

「資源って毎回補充されるの?」

「なんか矢印あるんだけどどういう意味?」

「カードの右下に書かれてる名前の意味は?」

さすがにカオスでした…。※ルールブックはちゃんと読んでからプレイしようね!

プレイ中はこんな感じ

7wonders_play

とはいえ、そこまで難しいルールがあるわけではないのでゲームの流れが把握できてからはスムーズでした。1戦目が終わったところでパッと周りを見渡すと。。。

「これ面白いね!もう1戦やろう!」

「なーる。次は勝つわ」

「次はB面やってみね?」(各文明にはA面、B面がありB面の方が文明毎の特徴が出る)

などなど、どうやら全員気に入ってくれたみたいです。

感想

あれ?七不思議じゃないっけ?どこに不思議要素あるの?とは思いましたがゲーム自体はよくできており、非常に楽しかったです。ゲーム全体のバランスも良く、1位からビリまでの得点差もそこまで大きくありませんでした。(1戦目、2戦目ともに10点差くらい)プレイ人数も3−7人ということで幅が広いのもポイントが高いです。

個人的にはかなりオススメのボードゲームです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。