コンビニでタバコは先に注文する?後に注文する?

 

こんにちわ、嫁が里帰り出産のため実家に戻り一人暮らしを謳歌している こうだか です。とりあえず早くポケモンGOリリースして下さい(T_T)この1週間で50回以上ストアで検索してしまっています,,,

というわけで今回はふと思った「コンビニでタバコのベストな注文タイミング」についてです。ちなみに自分は後注文派でした。

スポンサードリンク

なぜ突然そんなことを?

自分は毎朝会社に向かう途中のコンビニで缶コーヒーとタバコを買います。そのコンビニは、駅と勤務場所の丁度中間くらいにあるコンビニで、同じビルに勤めている多くの人たちが毎朝レジに行列を作っています。

レジには常時3人の店員が待ち構えていますが、皆さん意外と現金払いが多いようで消化速度があまり芳しくありません。(自分は電子マネー決済をしています)

普段あまり気にならないのですが、先日こんなことがありました。

店員「っしゃ〜せ〜」

ゴトッ…。←自分がコーヒーをレジに置く

ピッピッ

店員「◯◯円になりまーす。」

店員「袋ご利用になりますかー?」

こ「あー、◯◯下さい(タバコの銘柄)。袋はいらないです」

店員「….」

ピッピッ ←追加入力

店員「◯◯円になりまーす。」

こ「スイカでー」

ピッ

店員「ありがとーござーしたー」

ふむ…。

無駄な部分がありますね。

以下の部分が二回出てきています。

  • 店員「◯◯円になりまーす。」
  • 「ピッピッ」というレジ打ち

タバコを吸い始めて約10年間。今までずっとタバコを買うときに「あと◯◯下さい」と言ってきました。今更すぎてどうしようもありませんが、先に「◯◯下さい」と言っておくとどうなるか?

上記の無駄な繰り返し要素がなくなります。

おそらくこんな感じ。

店員「っしゃ〜せ〜」

こ「◯◯下さい(タバコの銘柄)」

ゴトッ…。←自分がコーヒーをレジに置く

ピッピッ

店員「◯◯円になりまーす。」

店員「袋ご利用になりますかー?」

こ「スイカで。袋はいらないです。」

ピッ

店員「ありがとーござーしたー」

店員が値段を読み上げるのを1秒。レジ打ちを2秒と仮定します。この無駄を一回分省くことで、合計3秒が自分の時間に追加されます。

たかが3秒、されど3秒ですがこれを毎日繰り返すことで…

3秒 × 240日(おおよその年間出勤日数) = 720秒 = 12分

なんと年間12分もの時間を他のことに割り当てられるようになります。

今までの喫煙年数が10年なので、およそレジ待ちで無駄にした時間が「120分=2時間」もあるわけですね。これを後30年続けるとなると…レジ待ちの無駄時間が自分の人生の中で8時間を超える結果となってしまいます

40年で無駄時間が8時間だったら別によくね?と思う方もいると思いますが、自分はちょっともったいないかなという考えです。

自分がレジに行く時に気をつけるだけで、

  • 自分の時間
  • 店員一人当たりのレジ打ち時間
  • 後ろに並んでいる人の待ち時間

それぞれから毎日3秒ずつ無駄な時間を省けるわけです。メリットはあってもデメリットはないはずなので、次回からは先制攻撃を仕掛けるつもりで「◯◯下さい」と言おうと思っています。(コンビニでバイトしたことがないのでなんとも言えませんが「先にタバコ注文する客うぜー」っていう店員さんの意見もあるのかもしれません…)

まとめ

普段何気なく生活している中でも、無駄な時間というものは大量に存在してるものです。全部が全部効率化を追い求めてしまうと、当然息苦しい生活となってしまいますが、日々行っているルーチンワークは出来るだけ効率化していった方が自分にとってプラスになっていくものなんだろうなぁと感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。