【おひな巻き】抱っこをやめると泣き始めてしまう赤ちゃんに効果あり!

 

最近嫁が里帰り出産をし、1ヶ月検診を終えて自宅に戻ってきました。予想はしていたのですが、やはり抱っこをしていないと泣き始めてしまいなかなか寝付いてくれません。

そんな時に効果的だったおひな巻きという方法をご紹介します。

スポンサードリンク

おひな巻きとは?

赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいた状態に近い格好になるため、安心して眠れる巻き方らしいです。主に、バスタオルなどを使って巻きます。おひな巻き専用の布というのも売っているようですが、我が家では嫁のシャツを使って巻いています。(袖があるから巻きやすいのかも?)

実際のおひな巻きのやり方は以下のサイトが参考になるかと思います。

寝ない新生児に!「おひなまき」の巻き方~いつからいつまで使える?!

おひな巻きの効果抜群!

普段はどれだけ慎重に布団に寝かせてもすぐに起きてしまうのですが、おひな巻きをした状態で布団に寝かせるとあら不思議!そのままぐっすり眠ってくれます。

その方法も

  1. おひな巻きをした状態で抱っこをして寝かしつける
  2. 慎重に布団に寝かせる

という普段と変わらない手順で大丈夫!

おそらく、おひな巻きをしていないと体勢が固定されていないためにすぐに違和感に気付いて泣き始めてしまうのではないかと思います。おひな巻きをすることで体勢が固定され、安心して眠れているのではないかと予想しています。

ただし、残念ながら万人に効くわけではありません…

当然といえば当然なんですが、あまり効果がない赤ちゃんもいます。我が家では長男が生まれた時もおひな巻きを試してみたのですが、全然効果がありませんでした….。

二人目の長女にはとてもよく効いているため、非常に助かっています。(長男が騒いだりおもちゃで遊んで物音を立てまくるので結局起きてしまうことも多々ありますが….泣)

まとめ

抱っこをしていないと泣いてしまう赤ちゃんは多いと思います。家事をしようと思って布団に寝かせると泣き始める。ご飯を食べようと思って布団に寝かせると泣き始めるなど、生後間もない赤ちゃんがいると自分のことが何一つできないという状況に陥りがちです。新生児の体重とはいえ、ずっと抱っこしているとやはり腕や腰にも負担がかかってしまいます。

自分もおひな巻きをするまでは嫁と分担しているとはいえ育児でノイローゼになってしまう人の気持ちがわかるな…と思ってしまいました。

効果は個人差があるとしか言えませんが、自宅にあるもので簡単にできるため是非一度試してみる価値はあると思いますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。