【iOS10】子供の悪戯防止!ロック画面のウィジェットを非表示にする方法

 

今更感がありますがiOS10でロック画面が劇的に変わったようですね。

つい最近嫁がiPhoneをiOS10にバージョンアップしたのですが、バージョンアップ直後から

 

「バージョンアップしなければよかった….」

 

と言い出す始末。

何が問題かと言うと、ロックを解除しなくても操作できるウィジェットのページ。

同様に、ロックを解除しなくても返信ができるLINEやメッセージなどが挙げられます。

なんでも興味を示す小さいお子さんがいる家庭ではiOS10のロック画面は不安の種となってしまいます。

我が家でも、嫁のiPhoneを子供が勝手に触ってしまうので「なんとかしてくれ」とヘルプが飛んできました。

 

スポンサードリンク

ロック画面のあれこれをいじってみよう

まずはウィジェットの非表示

ロック画面についての設定は、以下から設定するようです。

「設定」→「Touch IDとパスコード」

この中で、まずはロック画面の左側に表示されるウィジェットを非表示にしたいという要望があったので調査。

どうやらこの設定は

ロック中にアクセスを許可:

という項目の

今日の表示

という項目が該当するようです。

こちらをOFFにすることで、ロック画面左側のウィジェットは非表示になります。

次はメッセージの返信防止

こちらも同様に

ロック中にアクセスを許可:

という項目の

メッセージで返信

という項目があるのでOFFにします。

これで、ロック画面からメッセージの内容は確認ができても返信はできなくなります。

あとはLINEだけだが…

どうにもこうにもLINEはいい方法が見つかりません。

サードパーティ製のアプリなので、LINE側の設定画面内に該当する項目がないか見てみたのですが上手く特定出来ませんでした。

「設定」→「通知」→「LINE」→「ロック画面に表示」

をOFFにすれば、「子供の悪戯で勝手に返信されることを防止する」という目的は達成できるのですがロック画面にLINEの通知が表示されなくなるというデメリットがあるんですよね…。

バイブとかで気付けるし、ロック画面を解除したら画面上部に通知が表示されたり、LINEのアプリアイコンに未読メッセージのバッジが付いているのでわかるといえばわかるのですが…。

うーんなんとも微妙な解決策だ。

とりあえず嫁は悪戯防止を優先させるとのことなので、「ロック画面に表示」をOFFにして様子を見てみるようです。

まとめ

年々便利に進化していくiOSですが、便利さを追い求めるあまり一部の人にとっては逆に困るという現象が発生しています。

個人的にはいい変化だと思うことがほとんどですが、さすがにロック画面で端末内の情報にアクセスできてしまうというのはどうなんでしょう…。便利さを追求することは大切だとは思いますが、セキュリティ的な観点から見れば結構危険な変化だと思わざるをえません。

以前の操作方法と新しい方法のどちらかを選択させてくれるとベストだと思うのですが、それだとどうしても古い操作方法のまま使い続ける人がいて便利になった新デザインを試してもくれない、ということもありえます。

便利すぎるというのも考えものなのかなーと思った今日この頃でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。