作業現場が変わって圧倒的にゲームのプレイ時間が減った話

 

1月末くらいに作業現場が変わりました。

駅で言うと、前の現場は品川駅から京急に乗り換えて行くところ。

今の現場は有楽町が最寄り。

自宅は東京の上の方。

前の現場も今の現場も出社時間は10時出社。

今の現場になって、通勤時間は30分くらい短くなったかな?

と、現在置かれている状況はこんな感じ。

スポンサードリンク

ゲームのプレイ時間が減った要因を考察してみる

出社〜帰宅まで

職場環境の変化があったので流動的だとは思うが、現在の状況を書いてみる。

とりあえず今までの現場との違いにてんやわんや状態。

慣れない言語、慣れないツール、慣れない作業範囲。

少しでも早く馴染めるよう毎日自宅に帰ってからも勉強をし、遅刻厳禁なので出社の30分前には現地に到着している。

前の現場が緩すぎただけだと思うけれど、前の現場は10時出社だけど10時半までなら遅刻しても連絡なしでOK。(フレックスだったのか?)

この制度(大半の人は10時にきてたけど)がかなり大きく、電車の空いている時間帯を狙って出社することができた。

うまくいけば、朝の山手線や京浜東北線なども座って出社することが可能だった。

この行きの電車内でだいたい30分〜40分はゲームが可能。(PSVitaをやっていた)

帰りも品川駅で大量に人が降りるため、入れ替わりで基本的にどの時間帯でも座ることができた。(稀に座れない時は一本見送る)

ここから帰りの電車内でもだいたい30分〜40分のゲームが可能。

ところがどっこい。

遅刻厳禁なので、30分前には現地についていないと不安な今の現場では、朝の電車も俗に言う満員電車。携帯の画面を見ることすら危ういこともままある。

帰りの電車も有楽町では人は大量に降りないため、座って帰るなんて望めない。

立ちながらゲームをするスペースくらいはギリギリあるけれど、荷物もあるし、急停車とかしたらつり革に捕まってないと危険なのでできない。
この間のゲーム時間が0になった。

帰宅後〜寝るまで

最近の話ではないけれど、3歳の息子と生後半年の娘がいるため、二人が寝るまではゲームをしている余裕はない。

ギリギリ嫁の了承を得られたら二人が寝る前に風呂に入れるくらい。

そしてようやくフリータイム。

諸々考えたら22時〜くらいだろうか?

次の日の仕事のことを考えて、0時半くらいには寝る前の儀式を行わないといけない。(晩酌30分)

与えられた2時間半のうち、勉強タイムが平均1時間。余った時間が1時間半。

1日でだいたいそれくらいしかゲームのできない生活スタイルになってしまっているわけです。

グダグダ書いたけど、結局何が言いたかったかというと

  • 2/9 発売の仁王
  • 2/23 発売のニーアオートマタとスパロボV
  • 3/2 発売のHorizon Zero Dawn
  • 3/18 発売のモンハンXX

消化しきれるわけないじゃないか!!!!!!

PSPlusのフリプとディスカウントもあるんだぞ!!!

世間の子持ちのお父さん方はどうやってゲームの時間を捻出しているのか気になってしょうがない…(ちなみに睡眠時間削るのは持病に影響が出るため不可)

いい大人がゲームなんて!とかそんなどうでもいい意見なんていらない!ゲームしたい!世の中には面白いゲームが腐るほどあるんだ!

誰か僕に自由な時間をください!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。